大きな屋根の下の小さなまち駅

 新宿と箱根を結ぶ小田急線の鶴川駅の駅舎改修計画案。鶴川は新宿へのアクセスが良く便利であると同時に自然が豊かで森や田園が広がる落ち着いた風景が広がる街です。駅周辺の歩いて楽しい散策路を駅に引き込み、散歩をしながら自然と駅に誘われるようなアプローチ空間をつくります。また線路によって分断された街の南北を新しい駅のコンコースが繋ぎ、大きな屋根の下で、人々が集う、駅の機能を超えた街の居場所を計画しました。

Data

建築用途

​駅舎

所在地

東京都町田市

計画時期

2018年

受賞

小田急電鉄 鶴川駅アイディアコンテスト 駅舎デザイン部門 最優秀